趣味 Feed

2010年11月 6日 (土)

急告、JARL臨時総会についてのお願い

JARL臨時総会で新定款成立を願い、記名委任状の提出を宜しくお願いいたします。

締め切り(11月19日まで必着)が近づいていますので、宜しくお願いいたします。

参考,謹告 JARL臨時総会で、新定款成立を。!!

2010年10月27日 (水)

謹告 JARL臨時総会で、新定款成立を。!!

2010年11月21日大阪・寝屋川市民会館でJARL臨時総会が開催されます。議題は、新しい定款の制定(手続き上は、現定款の全面改正)です。

これは、2008年12月1日から施行の公益法人改革に関する法律により、強制的に法人改革を求められたことによるものです。
まずは、その事の理解が薄い状況にあるということが言えると思います。

なんらかの公益法人に関係を持っている人であれば、その団体が存続を賭けて、改革を懸命に進めていることを、身をもって承知していると思います。殆どの団体は、法施行前に準備を終えて、手続きに入っているのが現状です。

JARLは、通常総会において、残念なことに、最終段階の手続きに失敗しました。その反対を主導した人たちの意見は、JARL定款・規則等改正審議委員会のWEB公開議事録で明らかになっています。

主張の大部分が、改革法の規定上、団体側の裁量権が無い事項についての変更意見とみました。

従来と違い、この委員会の議事録は、素早くWEB公開され、誰でも意見を具申する事が出来ました。私も各委員会ごとに意見を文書で出しました。この内容も、議事録同様JARLからWEBで公開されています。

基本的部分で、大差無い定款案が再議されることになり、金銭的、時間的損失は、莫大なものとなりました。
これ以上の遅滞は、許されない事態です。

もし、新定款が成立せずに法律の猶予期間を過ぎれば、法の規定により国が強制的にその法人の「解散登記」をすることになっています。

---お願い---

新定款を成立させるために、出席できない方は、是非委任状を、それも受任者を記入した委任状を出して頂きたいのです。

以前は、私に委任される方が、多くいましたが、都合により出席できませんので、次の方を受任者として推薦いたします。

呼出符号 JG1KTC を代理人と定め、

とコールサイン(JG1KTC)を記入頂きたく、お願いいたします。
JG1KTC 高尾 義則さんは、若き理事として、真の改革のために、頑張っておられますので、宜しくお願いいたします。

2010.10.27. JA6PL 井地 義智

ご注意。委任状には提出期限があリます。11月19日までに、連盟事務局へ到着したものが有効です。

白紙委任状は、出席扱いですが、採決には直接効果がありませんので、是非記名委任をお願いします。

----------------
追補。出席しない理由。今回の改正案には、明文はありませんが、役員の一部について、定年制を導入する伏線があることです。これについては、意見書にも主たる反対意見として書きました。

年齢を理由とする、「被選挙権の剥奪」は、「憲法違反」はもとより、民法の「信義則違反」でもあり、到底許容できません。
出席すれば、この反対論を延々とぶつ事になり、本筋の「新定款成立」の足を引っ張ることになりかねません。

この件は、新組織発足後の「闘争目標」に残しておくことにしました。