ロボット Feed

2006年10月29日 (日)

10/29 中学ロボコン県大会

昨晩孫から電話がありました。
県大会へ出すロボットの追い込み中です。
なんでも、有線での遠隔操縦用ケーブルの単線が、規格外で車検に通らないということでした。

ビニール被覆電線の外径が2ミリ以下となっているそうです。
規格外では、出場許可にならないので、ジャンク箱に無いかということでした。

1.2ミリは有るが、他は2.1ミリで規格外になります。この中間があればと、今からノギス持って、ホームセンターへ行って探す予定です。

本人は、これが最後の中学ロボットですから、ぜひ参加はしないと心残りでしょう。

外径1.95か2.0ミリの物がありました。
ビニール袋の上から計測したので、多分2ミリ以下は確実と思います。
5メートルもの1本入りを3袋購入しました。

2006年5月 6日 (土)

5/6 ロボカップジュニアー決勝

ロボカップジュニアー全国大会の応援に行きました。
サッカーチャレンジ部門の各コートでは、熱戦が繰り広げられていました。
着いた時は、1回戦の最中で、孫のチームは残念ながら、苦戦中でした。

2回戦は、快勝していましたが、決勝はトーナメント方式なので、1度負けると、世界大会出場の望みは消えます。

最終結果は、第5位だったと言うことで、快挙でした。
第1回戦に負けた以外は、全勝だったそうです。

1年間で、良くここまで来たものです。褒めてやらねばなりませんね。

後は、ダンスチャレンジ部門で何処まで食い込めるかです。
ダンス部門の成績は、特別賞でした。
こちらも3位までには、及ばず、結局世界大会への参加は夢に終わりました。

この結果を糧にして、前進あるのみです。!

2006年5月 5日 (金)

5/5 ROBOCUP-J 予選通過

孫は、早朝から会場へ向かいました。
夕方結果を聞いたところ、無事予選通過ということで、明日の決勝出場を決めました。

何でも、昨年の国際大会優勝チームに対し善戦した(が惜敗!)そうです。
明日は、何とか3位以内に食い込んで欲しいと願っています。

参加部門は、ロボカップジャパンオープン2006北九州のロボカップジュニアー・サッカーチャレンジ部門です。
1チーム自走ロボット2台でサッカー対戦をします。

2006年5月 3日 (水)

5/3 全国大会近し

孫が部活から帰ってきました。

最後の追い込みで、随分疲れているような感じです。

明日は、会場での調整のために、現地乗り込みとのことでした。
競技は、5日からです。試合の時刻などは、まだ決まっていません。
幸い、会場が当市市内なので、何かと助かります。

2006年4月24日 (月)

4/24 モーターのシールド

久し振りに、孫が早帰りでした。
夕食後、質問を受けました。
モーターからのノイズ防止のために、バイパスコンデンサーを付けたいが、その付け方等についてでした。

電気的に導通のある箇所であれば同じなのか、ノイズに近い箇所が良いのか、また容量は0.1マイクロ位がデータとして多いようだが、ということでした。

考え方について説明し、状況に応じて、適正に判断できるように教えました。
こういうことにも、アマチュア無線での製作経験が、大いに役立ちます。



2006年4月19日 (水)

7/19 距離センサー

今夕、結構早く帰宅したので、宿題になっていた「距離センサー」の成果を聞いてみました。

思ったように働いて、役に立ったということでした。
相当短い距離も測れるようです。
それだけに、有ると動きが良くなるそうです。


2006年4月16日 (日)

4/16 練習試合の結果

地元であった練習試合に行った結果を聞きました。
1勝1敗だったそうで、指導員クラスの方のロボットから負けたそうです。

早速、反省して、改良に取り組んでいました。
横方向への移動が遅いので、ギアーボックスの取替えをしていました。

センサーの割り込みチェック時間も、数秒縮めるとの事で、練習試合の成果が出てきそうです。

距離センサーを着けた効果については、聞き漏らしました。
聞いたことだけ返事する子なので..!

2006年4月15日 (土)

4/15 基板無事到着

夕刻に孫に会い、その直前に配達されたとの事で、現物を確認しました。

焼損の激しかった基板の方は、スルーホールの部分も一緒に抜けた状態でした。(修理で外した部品も一緒に返っていたので、確認出来ました。)
抜けた後は、トランジスターの足で、両面基板の反対側までつなぎ、焼損部は接着剤で旨く修理してありました。

もう1枚は、通常の取替えが出来ていて、表面上は、修理の痕跡が無い状態でした。

今後の対策として、安全回路付加の具体的工作を質問した結果、使用中の基板では、既に良好に処理していたので安心しました。
構造上、弱くなる可能性があったので、確認したところです。
修理を終えた基板にも同様の処置をすれば、再発は防止できます。


2006年4月14日 (金)

4/14 基板修理情報

3月22日郵送していたロボットの基板が、修理完了したと言うことを今夕刻、帰宅途上の孫から報告を受けました。
あまりにも修理先からの連絡が無く、果たして物が到着したのかどうかの心配までしました。

基板1枚に付き診断料1千円、部品交換料1千円とのことでした。
代引きで送ってくれるそうなので、受取はこちらが代行することになる見込みです。

何はともあれ、無事修復できて幸いでした。
後は、準備している安全回路を設置して、競技に臨むことです。

2006年4月 4日 (火)

4/4 基板修理まだ?

3/22に修理依頼し発送した基板ですが、孫から「基板は届いたかどうか」とメールが来ました。見積もりの連絡があるはずなので、何か言って来たかと逆質問しました。

まだ、何も言って来ないとのこと。
少々時間が掛かりすぎの感じです。