« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

8/31 小雨の金曜日

気温25.0度。夜間は冷え込みました。

New-Sat
PROITERESのデータ解析諸元について、29日HP更新予定と掲載しましたが、31日一部更新されました。
内容は、次の通りです。
--------------
PROITERES に続くCW の数字の意味は順に、
S1
1つ目の数値: 受信信号強度
2つ目の数値: バッテリ電流モニタ(00~ff が -10~10 A を表す)
3つ目の数値: バッテリ電圧モニタ(00~ff が 0~20 V を表す)
4つ目の数値: 無効データ(未使用)
S2
5つ目の数値: 無効データ(未使用)
6つ目の数値: 無効データ(未使用)
7つ目の数値: 無効データ(未使用)
8つ目の数値: 無効データ(未使用)
-----------------------
更新途中であると理解しておきます。
「数字の意味」は分かりました。
しかし、数値は算出できず、「意味」通りかどうか全く検証不能です。

F-1のデコーダー
http://fspace.edu.vn/?page_id=27
衛星のコールサインのみ入れて見た結果です。
面白そう...
F1_decoder

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE083111.txtをダウンロード

HORYU2(1315-)
CW. 順調だが...0の連続とLASTに1が付く0の連続が、3・4フレームに見られた。
これまでも、時に見受けていたもの。
D1B9BBB986E4FE3
D1B9BABA86E5FE3

2012年8月30日 (木)

8/30 晴れの木曜日

気温25.0度。 朝は涼しくなりました。

AO-07(0650-)
SSB. JA0CAW.JH1BCL.JA4GVA. 交信。

SO-50(0721-)
FM. PLtone 67Hz. JA0CAW.JA4GVA.JA2NLT.JA3BLK. 交信。

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE083007.txtをダウンロード

HORYU2(1246-)
CW. 順調。
FM. 本日より管制メンバー合宿のためコマンドお休み。

HORYU2(1423-)
CW. 順調。

2012年8月29日 (水)

8/29 曇りの水曜日

気温25.8度。夜間は冷え込む季節になりました。

ISS(1057-)
1K2 PKT DIGI. 145.825MHz. JA4NA 交信。
12082910ISS.txtをダウンロード

New-Satの解析データ公表が進み、アマチュアバンド利用の有り方が理解されたと感じています。
トランスポンダーを積載しない衛星は、アマチュア衛星ではないとする向きもありますが、私の立場は、いろいろあって結構だとしてきました。
ただし、受信したデータの内容が何か分からないと言う状態は、決して許容することはできないとの立場です。

何故、国際条約で「暗語」の使用が禁じられているかを、真剣に考えて欲しいと思います。

かってプロの圧力で長波帯から短波帯に押しやられたアマチュア無線家が、短波帯を開発し世界中の交信を実証した成果で、アマチュア無線が認知された歴史があります。

貴重な電波資源は、各国家の圧力で国際分配され、国際会議では常に削減の危機に瀕しています。世界中のアマチュア無線家が国家から独立し、アマチュアバンドの防衛に関わってきました。その独立性を保障する事の一つが、「スパイ活動禁止」と言う国際的要請です。

私のアマチュアバンドを守る姿勢は、50年以上のHAM活動の中で培い、貫いてきました。
JARLのモニター局初代メンバーとして、活動したのがJARLに関わった最初の活動でした。
当時は、HF帯の防衛が目的でした。

Cube-Satについては、当初から擁護の立場をとってきました。それが故に、今回のように原則を外れた状態には、危機感を覚えました。
アマチュアバンドを使用するのは「自由」と考えているとすれば、大きな勘違いと言えます。

鬱陶しい奴がいると感じた方もいると思いますが、真意を汲み取っていただければ幸いです。

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE082907.txtをダウンロード

HORYU2(1217-)
CW.  順調だったが、LOS前にFE2を受信したので、心配しました。
FM.  300Vデータ sector 9. No: 0. 17-23.(奇数値)。0. 17-23.(奇数値)。
センサデータ sector 4. No: 152-161. 152-161.
12082912fmPLa.txtをダウンロード

HORYU2(1353-)
CW.  順調。終始FE3でした。
FM.  センサデータ sector 5. No: 86-95.
300Vデータ sector 8. No: 0. 1-25.(奇数値)。0. 1-25.(奇数値)。
12082913fmPLa.txtをダウンロード

2012年8月28日 (火)

8/28 曇りの火曜日

気温27.0度。台風の影響はなくなりました。 しかし、暴風警報はまだ出たままです。
ANTも無事でした。
雲の切れ間から、薄日が差しています。

AO-07(0657-)
MODE-A. SSB JH1BCL.JA3BLK.JA5BLZ.JA0CAW. 交信。

New SAT
FITSATの「CW/FM解析」として、フォーマットが公開されました。
しかし、「PROITERES」と同様に、16進部分の諸元は、未発表です。
これがない限り、内容の判断が不可能=「秘匿」...アマチュア無線の大原則である「暗語の使用禁止」(国際法上・当然国内法も)に該当します。

これは、アマチュア無線を使用する以上、「覚悟」すべき大原則です。
従えなければ、アマチュア無線を使用しないことです。
選択の自由は、保障されています。

FITSATのHPの該当ページが21:45現在作業中になっています。
詳細公開に向けての作業中と思われ、期待しています。
22時過ぎ、諸元を含めての詳細公開がされました。有難うございました。
また、Blogでの回答では、解析ソフトも開発されているとのことでした。
お疲れ様です。

「PROITERES」からの回答を頂きました。明日HPにて公開の予定とのことです。

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE082806.txtをダウンロード

HORYU2(1323-)
CW. 順調。
FM. 300Vデータ sector 9. No:  0.1-25(9non.奇数値) 0. 1-25(奇数値).
センサデータ sector 4. No: 155-164.
ミッションコマンド応答信号受信。(CW=FF3)
12082813fmPLa.txtをダウンロード

2012年8月27日 (月)

8/27 曇り・強風の月曜日

気温27.7度。 台風15号の接近で、強い東風が吹いています。

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE082707.txtをダウンロード

HORYU2(1253-)
CW. 順調。
FM.  300Vデータ sector 4. No: 0.151-175.(奇数値)
センサデータ sector 4. No: 297-301. 
300Vデータ sector 4. No: 0.159-183.(奇数値)
最終パケットデコードできず(LOS)。
12082712fmPLa.txtをダウンロード

HORYU2(1431-)
CW. 順調。
FM.  センサデータ sector 4. No: 141-149.(144non).149(9Frames non).
ノイズを感じてデコードできないフレームがありました。
受信ANTが、強風で揺れているためならば問題ないのだが...
12082714fmPLa.txtをダウンロード

2012年8月26日 (日)

8/26 晴れの日曜日

気温27.1度。暑さを感じる朝です。

AO-07(0704-)
SSB. JA0CAW.JH1BCL. 交信。FBなコンディションでした。

SO-50(0711-)
FM. PLtone 67.0Hz. JH1BCL.JA0CAW. 交信。 AO-07のパス途中からQSY。

New SAT
WE WISHの解析関係ソフトなど公開されました。
ご苦労様です。
なお、パケットのデコード回路図については、後日公開となる予定です。
AX-25ではなく、直接エンコードの模様です。
TNCをそのままでは、使えません。
HITSATのパケットが同じ仕組みだったので、同じ手法でデコードできると思います。
We_wish_pc

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE082611.txtをダウンロード

HORYU2(1224-)
CW. 順調。
FM.  センサデータ sector 3. No: 381.382  
ログデータ 1 Frame.
センサデータ sector 4. No: 147.148. 147.148.
ミッションコマンド応答信号受信。(CW=FF3)
12082612fmPLa.txtをダウンロード

HORYU2(1400-)
CW. 順調。
FM.  DWN無し。(CW=FE7).

2012年8月25日 (土)

8/25 晴れの金曜日

気温26.9度。秋の感じがする朝です。昨日、つくつくぼうしの声を聞きました。庭にトンボの姿がありました。近くには川がないのに、どこから飛んできたのか...

ISS(1411-)
1K2 PKT DIGI. CQ/APRS&MULTI UP.
12082514ISS.txtをダウンロード

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE082507.txtをダウンロード

HORYU2(1330-)
CW. 順調。
FM.  ログデータ 2 Frames.
300Vデータ sector 8. No: 0. 1-25(奇数値).
センサデータ sector 3. No: 379-388.
12082513fmPLa.txtをダウンロード

2012年8月24日 (金)

8/24 曇りの金曜日

気温27.2度。 若干蒸し暑さを感じる朝です。

AO-07(0711-)
SSB. JH1BCL.JA0CAW. 交信。

ISS(2131-)
1K2 PKT DIGI. 145.825MHz. JA0CAW.JA4NA.JJ1TJV.JA3FWT. 交信。
12082421ISS.txtをダウンロード

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE082407.txtをダウンロード

HORYU2(1300-)
CW. 順調。
FM.  ログデータ 1 Frame.
300Vデータ sector 9. No: 0. 1-25.(奇数値).
センサデータ sector 3. No: 360-366.(361.363.non).
12082413fmPLa.txtをダウンロード

HORYU2(1439-)
CW. 順調。
FM.  センサデータ sector 3. No: 215-224.228.219.220.
ミッションコマンド応答信号受信。(CW=FF3)
12082414fmPLa.txtをダウンロード

2012年8月23日 (木)

8/22 雨上がりの木曜日

気温25.2度。蒸し暑さがない夜を過ごせました。

ISS(2219-)
1K2 PKT DIGI. 145.825MHz. CQ&APRS. IGATE 7N1XRM. Tnx.
12082322ISS.txtをダウンロード

New SAT
大阪工大のPROITERESについて、昨日担当准教授に再度メール出しました。
今朝6時に回答いただきました。
先のメールはフィルターに掛かって、到着していなかったとのことでした。
HPへ反映するとのことで、期待しています。
なお、IARUの資料では、F-1と同じ周波数がコーディネイトされています。
実機では、どうなのか、これも発表を待ちたいと思います。

本日付けの発表文(大阪工大HPより)
通信信号のフォーマットについて
ダウンリンクの周波数は437.485MHzです。
電波の型式は、ビーコンがA1A、テレメトリはAFSK/FM(F2D)となります。
9月9日の打ち上げ後、しばらくはビーコンのみを発射します。
ビーコンは、衛星名(PROITERES)の文字列ならびに電源系とセンサーの稼働状況を表す16進の信号が続きます。
フォーマットは以下の通りです。
---------------
との説明です。しかし、16進部分の諸元は、未発表です。
解析関係は、今後追加されると期待しています。
なお、周波数はIARUコーディネイト通りで、F-1と同じでした。

WE WISHは、地上局説明会前日に一部解析関係資料が公開されました。
受信報告などについては、まだ公開待ちの状態です。
Excelによる解析シート(短縮HK用)も、同時公開されました。
一部処理にエラーが出ますが、入力文字と結果には問題がないと思います。
パケットデータは、AX25では無いとの説明があったようです。
HITSATと同様かと、推察しています。

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE082306.txtをダウンロード

HORYU2(1231-)
CW. 順調。
FM.  最初のパケットデコードできず。
ログデータ 3 Frames.
センサデータ sector 3. No: 212.213.
ミッションコマンド応答信号受信。(CW=FF3)
12082312fmPLa.txtをダウンロード

HORYU2(1408-)
CW. 順調。ただし、FE7になっていた。FF3からFE7に変化したのは初めてでした。
FM. DWN無し。

2012年8月22日 (水)

8/22 晴れの水曜日

気温28.4度。まだ暑い日々です。

AO-07(0718-)
SSB. JA5BLZ. 交信。 FBなコンディションでした。

New SATについての情報が少なくて、待機準備が出来ません。
FITSAT...Blogに要望を8月19日に投稿しておきました。本日、回答(公開準備中)が掲載されました。期待しています。

一方、大阪工大のPROITERESも9月10日頃には打ち上げ予定です。
担当准教授にメール出していますが、全く反応がありません。
こちらは、周波数さえ書いてない状態でアマチュア局に受信協力を呼びかけています。
今までに例のない憂慮すべき事態です。(アマチュア無線を理解していない。?)
LINKを付けていますので、皆さんも閲覧してみてください。

---鳳龍弐号---
New TLE
horyuTLE082207.txtをダウンロード

HORYU2(1203-)
CW. 順調。
FM. scampデータ sector 15. No: 0. 75-84. 0. 83-85.
12082212fmPLa.txtをダウンロード

HORYU2(1337-)
CW. 順調。
FM. scampデータ sector 15. No: 0. 17-26. 0. 77-81. 0. 85-87.
ミッションコマンド応答信号受信。(CW=FF3)
12082213fmPLa.txtをダウンロード

sector 15.のDLは、完了したとのことです。
しかし、深夜のDL分がないために、画像復元は出来ませんでした。
(0-87の内、49-74が欠番)