メイン | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

3/31 九州ブロック大会

明日土曜日に福岡市で、ジュニアーロボコン九州ブロック大会があるとのことです。

そのため、今日は午後から部活に参加しています。
概ね調整が済んだ様子で、後は明日現地で最終調整をする段取りとなっていました。

全日本大会の出場権が取れるかどうか、期待して待つばかりです。

3/31 XI-IV データ

XI-IV(06:24-06:48)
4フレームのデータが取れました。
他にも、何度か音は聞こえましたが、デコードできませんでした。

解析データを見ると、衛星は元気な様子です。
XI Status Decoder - ISSL, University of Tokyo
変換日時: 2006/03/31 06:46:40

<入力データ>
xic013154646Vc7ffI0004S004a264e6000T6f67726c6b646a70 fffcb8

<入力データ変換結果>
XI-IV内部時刻 1394246 (0x154646)
バッテリ電圧 4.1V
太陽電池電圧 5.3V
充電電流 0.0mA
通信系電流 17.3mA
太陽電池電流
 +X面 0.0mA
 -X面 109.0mA
 +Y面 23.8mA
 -Y面 157.2mA
 +Z面 149.1mA
 -Z面 0.0mA
衛星温度
 +X面 30.6℃
 -X面 24.9℃
 +Y面 31.7℃
 -Y面 29.4℃
 +Z面 27.3℃
 -Z面 23.1℃
 バッテリ 27.7℃
 送信機 32.9℃

XI-IV(17:43-17:58)
CW
UT2 15E72B
UT3 FDB8OO4C
UT4 30425A
UT5 083170
UT6 6666656650

FMパケット3フレーム取得、解析次の通り。

<入力データ>
xic01315e9d3VcaffI0000S00475b0a2521T6b696773735c6e6e ffffb8

<入力データ変換結果>
XI-IV内部時刻 1436115 (0x15E9D3)
バッテリ電圧 4.1V
太陽電池電圧 5.2V
充電電流 0.0mA
通信系電流 0.0mA
太陽電池電流
 +X面 0.0mA
 -X面 105.2mA
 +Y面 108.4mA
 -Y面 19.1mA
 +Z面 34.9mA
 -Z面 50.3mA
衛星温度
 +X面 22.7℃
 -X面 21.7℃
 +Y面 18.4℃
 -Y面 30.0℃
 +Z面 28.6℃
 -Z面 12.1℃
 バッテリ 26.0℃
 送信機 26.5℃

3/31 快晴の月末・金曜日

珍しく早起きしました。三文の得とかで、QSO出来ました。
FO-29(06:06-06:20)
JA0CAW 交信 

カウンターを見ると、訪問者数が1000を超えていました。有難うございます。(累計数は、3500を超えました。)
平均3.5回の訪問を頂いている計算です。

FO-29(06:06-06:20)
JA0CAW 交信

SO-50(12:04-12:18)
7M4DUI 交信

AO-27(16:35-16:50)
7M4DUI.JA2NLT 交信

FO-29(17:56-18:15)
JA2NLT 交信

AO-51(20:48-21:02)
7M4DUI.7L3AEO.JA2NLT.JA4GVA.JE1FQV 交信 Hrd JE2WYA/1.7K4GUR.JH0PVF

SO-50(22:22-22:34)
JH6KEE 交信 Hrd BA4RS.JR6LDE.7K4GUR.JG3DOC.

AO-51(22:29-22:39)
Hrd BD7OH.BA4RS.JH0PVF.JR6LDE

VO-52(22:35-22:48)
JE1CVL.JA2NLT 交信 

2006年3月30日 (木)

3/30 部活の話。

明日の段取りで、思索してました。
土曜日に福岡で競技があるので、ダンス部門と、サッカー部門両方掛け持ちらしく、サッカー部門に力を入れたいので、ダンス部門は他の部員に責任者になってもらうようです。

全日本大会では、同一人がチームリーダーを兼務は出来ない決まりで、メンバーには重複しても良いとのことです。

今の段階から、全日本を考えているとは、よほど自信があるのだろうか。ただ、厚かましいだけだと困るが。!

まあ、彼なりに勝算はあるのだろうと、期待しておきます。

3/30 花冷えの木曜日

夜中の強風で、満開の早咲き桜が随分散りました。
まだ4分咲きの桜もあるので、楽しめます。

AO-51(10:18-10:31)
VNW.AEO.FMU.BG7JLR 交信 LOS前、CQ出したらBG7からコールされました。ラッキーでした。

SO-50(11:36-11:48)
FMU.GVA.FQV.AEO 交信

AO-27(15:25-15:38)
DUI 交信

AO-27(17:04-17:18)
NLT 交信

AO-51(19:50-20:01)
AEO.NUR.TLZ.FQV.UVJ/4.SLS.NLT 交信 Call JR1WZI 帰国されている様子で、何度も呼びましたが、応答不明でした。残念。

SO-50(20:12-20:22)
CAW.GVA 交信 Hrd 7M4DUI.JA2NLT.JR1NUR.JA7SLS.JE1FQV

SO-50(21:52-22:05)
PVF.FMU.NLT.AVW.TLZ 交信 Call JR1WZI 荒井さんを呼びましたが、またも残念でした。

3/30 CUTE-1.7&XI-IV・V データ

CUTE-1.7(06:23-06:35)
CUTE 87CEAF76200035005D9B00
CUTE 87CEAF7820003400709C00
CUTE 87CDAD77200034005F9E00
CUTE 87CDAD6F20003600619D00
CUTE 87CEAE722000360071A000
CUTE 86CFAC752000360065A000
CUTE 88CEAE78200035006E9D00
CUTE 87CEAD75200035005A9B00
CUTE 87CFAE7420003600 LOS 06:35:40JST
信号は、強く入ってました。

XI-IV(06:43-06:58)
12フレーム受信出来ました。
解析結果。
XI Status Decoder - ISSL, University of Tokyo
変換日時: 2006/03/30 07:10:58

<入力データ>
xic01313ee9cVceffI0000S290000720000T82757270717f7773 fff1b8

<入力データ変換結果>
XI-IV内部時刻 1306268 (0x13EE9C)
バッテリ電圧 4.1V
太陽電池電圧 5.1V
充電電流 0.0mA
通信系電流 0.0mA
太陽電池電流
 +X面 85.7mA


 -X面 0.0mA
 +Y面 0.0mA
 -Y面 223.3mA
 +Z面 0.0mA
 -Z面 0.0mA
衛星温度
 +X面 33.8℃
 -X面 24.6℃
 +Y面 20.6℃
 -Y面 21.4℃
 +Z面 20.9℃
 -Z面 32.7℃
 バッテリ 26.6℃
 送信機 24.0℃
その他のステータス
アップリンク回数 17/31
カメラ撮影回数 7/7
通信系SEL回数 0/7
アンテナ展開 展開完了
CW duty比 0.3以上
OBCリセット要因 通常(リセットしていないか,放射線などによる不慮のリセット)
バッテリ充電状況 トリクル充電中

※デコードに誤りがある場合は,ありえない値を出す場合もありますのでご注意ください。

XI-V(10:39-10:53)
約6KB 受信しました。
C7(ROM7)の画像データでした。

CUTE-I(17:11-17:26)
CUTE 8CA45F80D43BE94702FFFF818B
CUTE 85A56780DB3BE94702FFFF818B
CUTE 92A66780CC3BE94702FFFF
CUTE 86A56680D54F874702FFFF828A
CUTE 8BA6687FD64F874702FFFF818A
CUTE 86A46_7FDD4F874702FFFF808A
CUTE 8CA5667FD94F874702FFFF8189
CUTE 8AA46480C44F874702F
CUTE 7BA66880D9204E4702F
CUTE 7
CUTE 7AA66180E2FFFF4703
ここで慌てて、SRLL受信体制をとりましたが、とき既に遅く、低EL で、残念でした。
おまけに、FM不法局も被りました。

空白部分は、そこで送信が途切れCUTEに戻ったところです。
この現象が起きるとコマンド操作が行われていると言うことで、期待できます。
ここで、FFFFが前に来れば、成功です。
4701の1がAX25,4703の3がSRLLを表します。この信号を受けた時点で、受信をFMに切り替えます。


XI-V(22:42-22:54)
C7(ROM7)の画像データを約10KB取得しました。

2006年3月29日 (水)

3/29 XI-VXI-IVデータ

昨晩の留守録、XI-Vデータが約5KB、C3・C6(ROM3・ROM6)でした。

今朝の留守録は、XI-IV5時のパス対象でした。3フレームほど取れていました。

[2006/03/28 05:51:56R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic012112a94VceffI000bS0013208b5c00T7a6a757469676e72 ffe5b8
[2006/03/28 05:51:58R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic012112a94VceffI000bS0013208b5c00T7a6a757469676e72 ffe5b8
[2006/03/28 05:52:15R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic014112aa7VccffI0000S005b0c4a4900T6f666b696660696c ffe6b8
[2006/03/28 05:52:16R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic014112aa7VccffI0000S005b0c4a4900T6f666b696660696c ffe6b8
[2006/03/28 05:52:20R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic014112aa7VccffI0000S005b0c4a4900T6f666b696660696c ffe6b8

このデータは、ANTを固定しておきました。(水平90度=東向き。仰角17度)

XI-IV(16:43-16:56)
[2006/03/29 16:48:55R]
1フレームデコードしました。
JQ1YCW>JQ1YCX:xic0131323f4Vc8ffI000bS00a11f2a7500T726a6a706a5b6c6c ffecb8

XI-IV(18:22-18:36)
3フレームデコードした中で、1フレームを解析しました。
解析ソフトは、東大管制局提供です。HPからDWNできます。
私のデータをコピーして、解析してみてください。

[2006/03/29 18:29:34R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic014133c3aVceffI0000S00a319350e00T72716e76705e6d6d ffedb8
XI Status Decoder - ISSL, University of Tokyo
変換日時: 2006/03/29 21:09:29

<入力データ>
xic013133c3aVceffI0000S00a319350e00T72716e76705e6d6d ffedb8

<入力データ変換結果>
XI-IV内部時刻 1260602 (0x133C3A)
バッテリ電圧 4.1V
太陽電池電圧 5.1V
充電電流 0.0mA
通信系電流 0.0mA
太陽電池電流
 +X面 0.0mA
 -X面 263.3mA
 +Y面 14.4mA
 -Y面 102.8mA
 +Z面 0.0mA
 -Z面 0.0mA
衛星温度
 +X面 21.8℃
 -X面 21.6℃
 +Y面 17.6℃
 -Y面 26.0℃
 +Z面 20.2℃
 -Z面 7.7℃
 バッテリ 19.0℃
 送信機 19.5℃
その他のステータス
アップリンク回数 13/31
カメラ撮影回数 7/7
通信系SEL回数 0/7
アンテナ展開 展開完了
CW duty比 0.3以上
OBCリセット要因 通常(リセットしていないか,放射線などによる不慮のリセット)
バッテリ充電状況 トリクル充電中

※デコードに誤りがある場合は,ありえない値を出す場合もありますのでご注意ください。

XI-IVのデータを取得していただきましてありがとうございました。
データフォーマットの詳細は中須賀研究室地上局のホームページをご覧ください。
http://www.space.t.u-tokyo.ac.jp/nlab_gs/satelliteinfo_ja.html

東京大学中須賀研究室CubeSatプロジェクト
http://www.space.t.u-tokyo.ac.jp/cubesat/

3/29 曇りのち晴れの水曜日

今日は、北九州市で開催中の2005恐竜博を見に行きました。
巨大な化石のスーに会ってきました。昨年12月から始まり3月末で終わるこの催事、日本で初めての開催なので、記念にといってきました.

春休みの小学生の団体で、賑わっていました。
鳥は恐竜から進化したなど、勉強材料いっぱいの展示でした。

今日は、まだ衛星通信はありません。

AO-51(20:28-20:41)
GUAMのN0PQBが、CQ出してたので呼ぶが全く応答無し。他の局も呼ぶが反応無しでした。圏外になって、国内とのQSOを始めました。
FQV.SLS.GVA.FLM.NLT.PVF.DUI.VNW 交信 Hrd JMQLRA/1

SO-50(21:23-21:35)
FQV.NLT.FLM.GZK.LDE.BLK.NUR.LRA/1 交信 Hrd JE2TLZ

AO-51(22:08-22:19)
VR2KW.BA4RS 交信 Hrd JH0PVF.JR1NUR.JE2TLZ.JA1GZK


2006年3月28日 (火)

3/28 キッズマイスター優勝

夕方、孫が帰宅して、ボソッと「優勝した。」と言うので、何かと思ったら、昨日書いたキッズマイスターが、今日だったと言うことでした。

取材されたと言うので、何時放送かと聞けば、知らんとの返事でした。
この調子で取材に応ずれば、どんな取材が出来たのかと、相手手の立場が心配になります。
キッズマイスターには、3年連続の入賞です。

この競技は、小中学生が、会場に集まって、その場で与えられた材料(キット)だけを使って自由に組み立て、開始から3時間程度で完成させ、そのロボットを使って、対戦すると言うものです。

対戦競技のルールも、毎年違ったものが、その場で始めて発表されます。
そのルールでの戦いに勝つために、どのような機能を持たせるかが、創意工夫になります。

今回は、中央に置かれたフィルムケースをより多く相手側に運び込み、かつ得点エリアにより多く置くのがルールでした。

駆動用モータ2個(2輪個別作動)と作業用モーター1個で作られ、有線による遠隔操縦ロボットです。

優勝した現物も見ました。
なかなか動作の機敏なロボットで、重心もしっかりして安定感があります。
作業用の熊手のような道具も正確な動きでした。

実戦では、作業を終えた後は挽回されないように、相手ロボットの動きを封鎖することに専念したそうです。

優勝戦は、科学部の同級生同士になったので、きつかったと言ってました。1点差の勝負で、辛勝したそうです。

サッカーロボットとは、また一味違った競技でした。
いや、よくやったと褒めてあげました。

3/28 XI-V & XI-IVデータ

XI-V(00:00-00:08)
深夜の分は、留守番設定です。
約8KBのステータスデータとC5・C6(ROM5・ROM6)が取れました。

XI-IV(05:00-05:00)
5フレームのパケットデータが取れました。

[2006/03/28 05:51:56R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic012112a94VceffI000bS0013208b5c00T7a6a757469676e72 ffe5b8
[2006/03/28 05:51:58R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic012112a94VceffI000bS0013208b5c00T7a6a757469676e72 ffe5b8
[2006/03/28 05:52:15R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic014112aa7VccffI0000S005b0c4a4900T6f666b696660696c ffe6b8
[2006/03/28 05:52:16R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic014112aa7VccffI0000S005b0c4a4900T6f666b696660696c ffe6b8
[2006/03/28 05:52:20R] JQ1YCW>JQ1YCX:xic014112aa7VccffI0000S005b0c4a4900T6f666b696660696c ffe6b8

CUTE-1.7(07:01-07:13)
途中から聞き始め、長音の状態でした。
07:07頃から符号になり、安堵しました。

CUTE 1.7
CUTE 87CEB077200035006A9D00
CUTE 87CDAE6E200037007C9E00
CUTE 87CEAE6D200036006C9D00
CUTE 87CDAF7820003500579F00
CUTE 87CFB0772000350059A100
CUTE 88CEB07520003500529B00
CUTE 88CEB06F20003600459D00
LOS 07:13:24JST

CUTE-1.7(17:38-17:45)
CUTE 86CFAE7820003600619C00
CUTE 86CFAE6D2000350067A000
CUTE 88CEAF77200034007DA000
CUTE 88CEB078200035007C9F00
CUTE 86CFAE742000360077A200
CUTE 88CEAF772000350081AF00
CUTE 87CDAF782000350081_200
CUTE 86__A_752000
LOS 17:45:50JST